自己破産

自己破産のメリットについて詳しく解説します

自己破産のメリットは何かと問われたとき、多くの人は「借金がチャラになること」と答えるでしょう。正確には、自己破産の手続とともに行われる免責の手続によって借金を支払わなくても良くなるのですが、不正解ではありません。業者などからの借り入れを全てクリアにして生活の再建を目指すことができる、非常に素晴らしい制度です。しかし、自己破産のメリットはそれだけではありません。例えば、自己破産の手続を弁護士に依頼すると、それだけで金融機関からの連絡がストップします。返済が遅滞して金融機関からの矢のような督促を受けていた人にとっては、それだけでも大きなメリットであるといえるでしょう。また、自己破産の手続のために提出する書類の中には、借金をした経緯を記載したものやここ2か月ほどの家計簿などがあります。今までの生活ぶり、特に自分がどのようにして借金苦に陥ったかなどの点を見つめ直す良い機会です。自分なりに原因を明らかにして、次こそは破産しなくて済むようにしましょう。

自己破産のデメリットについて詳しく説明します

自己破産のデメリットは概ね下記のような点にあります。まず、不動産などの高価な財産を持っている人は、それを原則として処分しなくてはならなくなります。一部例外はありますが、大体そのように考えておいて良いでしょう。不動産を所有して家族で住んでいる人にとっては、一家で引越しを余儀なくされるわけで、最大のデメリットであるといえます。また、破産手続中は職業に制限があります。警備員や保険の外交員などはできません。しかし、手続が終了すれば問題はなく、一生これらの職業ができないわけではありませんので、誤解のないようにしましょう。誤解があるといえば、自己破産をすると選挙権がなくなってしまうとか、ご近所中に知れ渡ってしまうという思い込みのある人も少なくありません。しかし、自己破産で選挙権がなくなることはありません。また、破産手続に関しては官報という国の機関紙に掲載されますが、官報を見ている人は限られたごく一部の人だけですので安心してください。自己破産をするといわゆるブラックリスト入りの状態になり、7年間ほどキャッシングやローンがしにくくなります。これもデメリットの一つでしょう。しかし、破産の原因となったキャッシングやローンや闇金からの借入を断つことで健全な生活を送ることが可能になるので、むしろメリットであると捉えるようにしましょう。ただ闇金の場合はしつこいので【闇金解決は意外と簡単!できるだけ早く解決したい人専用情報局】などで適切な処置を取ってください。

自己破産と個人再生の違いについて説明します

自己破産と個人再生には、下記のような大きな違いがあります。まず、自己破産を行うと、原則として免責手続により借金を支払わなくても良くなります。しかし、個人再生の場合は、原則として借金の5分の1について支払わなければなりません。しかし、その代わり、前者の場合は最大の99万円しか財産を手元に残すことができません。一方で、後者の場合には最低弁済額を増やすことで財産を手元に残すことが可能になります。また、住宅ローン再生といって、住宅ローンを支払いながら不動産を手元に残す手続もあります。また、自己破産については、収入が全くないような人も行うことができますが、個人再生の手続は将来において一定の収入が見込まれる人でなければ利用することができません。なお、両者とも手続が官報に載る点や、手続を利用したことが信用情報に登録されること、したがって7年間程度はキャッシングやローンが利用しにくくなる点は共通しています。

自己破産と任意整理の違いは何か詳しく説明します

自己破産と任意整理の大きな違いは、裁判所を通して行うか否かの点にあります。自己破産は裁判所を通して行う手続ですので、たくさんの書類が必要となり、手続自体も複雑になります。したがって、弁護士に依頼した場合、任意整理よりも費用がかかることが多いのです。また、任意整理の場合は借金自体が消えることはほとんどありませんが、自己破産の場合には免責決定といって、この決定が裁判所によってなされると借金が原則として無くなります。そのような意味では、自己破産は非常に強力な手続です。その一方で、自己破産の場合は、自分の持っている財産などを原則として手続内で処分しなければならないというデメリットがあります。1つの項目について20万円、総額で99万円までの財産に関しては処分しなくて済むのですが、それを超える財産については管財人によって換価され、債権者に配当されます。ですので、自宅を持っている方にとってはなかなか決断しにくい手続であるといえるでしょう。

自己破産するならまずは弁護士に相談すること

自己破産するなら弁護士に相談することが重要です。自己破産は、どんなかたでも出来るわけではありません。様々な条件があります。多額の借金をしていて、返済が困難で、生活に支障がでてしまう場合などに利用することが可能です。自己破産をする場合は、このような条件を満たさない限りできません。自己破産は、借金はなくなりますが、デメリットも多くあります。財産がなくなったり、ローンが組めなくなったりするので、まずは弁護士などに相談することをおすすめします。弁護士に相談するなら、電話相談やメール相談などもあります。メール相談なら気軽にできますが、返答などの時間などもかかるので、なるべく電話相談や事務所に出向いて相談することをおすすめします。自己破産は、誰にでも出来るわけではなく、条件などもおおくあるので、簡単にできるとも限りません。なので、まずは相談などをしてからするかしないかを決めることをおすすめしたいです。